<<
>>
2 / 5
コースターがあらわれた!!
2009.11.03 Tuesday
以前作ったスライム鍋敷き
今回もドラクエをやる女子への手土産で、日常使えるちょっとした小物っぽい感じでコースターを作った。

スライム表
コースター表。
スライム裏
裏は家にあった適当な布。





コースターは鍋敷きの4分の1のサイズにすればいいか。
鍋敷きが4マス分を1ドットとしていたところを、
コースターは1マス1ドット。

そうすれば単純に4分の1サイズの絵が出来上がるかな・・・と・・・・思っていたが・・・・仕上がりを比較してみると甘かった。

カギ編みの場合、糸の色変え時に綺麗にパキッと色が変わってくれる訳ではないので、
絵が細かくて糸がちょっと太めだと、このようになんかちょっと汚くなるのだ。・・・と気づいた。


スライム表
今回作ったコースター
スライム裏
前回作った鍋敷き




ホラ、、すげー違う。コースター・・・やっぱりなんか汚い。
よくこれを手土産なんかに・・・・。
ほんと雑巾にしてくれていいよ。(私信)


コースター
こうすれば絵が隠れてくれる。

いや・・・だけど、毛糸の色を変える時の方法については、本を見た事や人に教わった事もない完全な自己流なので、
ちゃんとそういうきちっとした方法が分かれば
もしかしたら綺麗に出来るのかもしれない。

今回の反省。小さい物を作る時は細い糸で作れ。
洋裁近況・2009秋
2009.11.03 Tuesday
壊れたミシン
いきなり動かなくなった
ミシンでデニムのレギンスの裾を直してた時のこと。

いきなりピタッとミシンが止まった・・・・・・・・。



そこからビクとも動こうとしないミシン・・・・。


取れないレギンス・・・。


動かないミシン・・・・。


完成まであとひと針ってとこでこんな・・・・
何の嫌がれせだ!!!キィィィーーーーーー!!!!
これをミシンから離脱させれればもうはけるのに!!!


なんとしてでも救い出してやる・・・・


針をへし折ってでもミシンからレギンスを救い出そうとするも

お・・・折れんぞ・・・どうやっても針が折れん・・・・



・・・とかなんとかやりつつ・・・・・・・

暫く奮闘してやーめたやめた!!諦めた!!
おまえなんか知らん知らん!!!暫くそこでそうしてろ!




これで洋裁を暫くしなくていいかと思うと・・・・


何だかちょっとスッキリしている自分に気づいた。
やっぱり洋裁はそんなに好きではないのだ。

さて、これからは編み物に専念しよ〜!
あーやっとこれで心置きなく編み物が出来る!!

布で作った夏服
2009.10.08 Thursday
作成時期:2009年夏
材料:布

ワンピーース
伸びる素材の布。腹部分はゴムが少し入ってる。
ワンピーース
伸びない布。腹部分だけゴム素材。





教わりつつ少しずつ作ってみた夏服。
実際教わりつつ、手伝って貰いつつ作った服はいくつかあるが・・・
それを除いて自力で作れた2着を公開してみる。


作ってもらったフレンチスリーブのTシャツの型紙を元にまずTシャツを作ったが、
やっぱスカートつけたいなぁ〜・・・と無理矢理布を縫い付けた2着。


白い方は上下が完全に違う布なので、よく見ると変・・・と言えば変。
まぁこんなもんかな、と思えばこんなもんか。という感じだ。


アイロンプリント
アイロンプリントですが何か。
アイロンプリント
夏っぽいだろう。






ボーダーワンピ
ホーラ、ストレッチ素材だよ
ボーダーワンピ
ホーラストレッチ・・・





白色ワンピ
汚れ易い白!!
白色ワンピ
後ろはこんな感じ





うちのロックミシンはロックミシンとして機能してくれないので、
端の処理が面倒ではないストレッチ素材の服を作ろうとしてたが・・・


ふっつーーの綿の方が作りやすいんだという事を今期夏に作った5着目(白いワンピース)で初めて気付いた・・・・。

あと無地の生地がどんなに作りやすいかって事も5着目で気付いた・・・・。
それまでボーダーの服ばかりを作ろうとして、毎回縞合わせにヒーヒー言ってた・・・。


当分無地の非ストレッチ素材の布で作るようにしようと決めた・・・


縞模様なんて・・・・ 縞模様なんて・・・・・




・・・というか、、上の写真じゃ着た感じがどんな服かほんとによくわからんな・・・・とふと気付いたので・・・・

比較的洋服の形状が分かり易い写真を載せてみる。


しま
着るとこんな感じ。
白色ワンピ
あ、この写真すっげー分かり易い!




スタイルブックを読もう!
2009.09.27 Sunday
1990年のスタイルブックを貰った、という話をこの前書いてたので続き。


バブル臭
まだまだバブル臭漂う1990年初夏。




あぁ、なんか敢えて今こういうバブリーなのを作ってみようかな・・・とふと思ったが、作ったところでその後どこでどうしよう。

どっかでバブルの時代を懐かしむイベントとか
当時の雰囲気を体験するイベントとかあればそっこーやる気が出て作るのに。
(以前、バブル期のドラマやCMがスライドショーに映し出されてこの頃の曲が延々と流れまくってる空間で、若者(?)やらサラリーマンやらが酒を飲んだり踊ったり、という『トレンディナイト』ってイベントがあってたまに行ってたが、客の入りの関係でなくなったらしい・・・。ラストは必ず主催者が田原俊彦の曲に合わせてタップダンスで踊り狂ってたりして、訳の分からなさがなんか凄くて面白かったのに。そういうのに着て行きたい・・・のにイベント自体がもうやってくれない。)

そもそもそういう企画とかイベントとかを設定すれば1番創作意欲が沸く。
・・・という事は、今後実用品よりも衣装製作の方が楽しめそうな気がしてきた。


もしこんなの作って着て出掛けるなら前髪はワンレンでフワッとさせようと思う。もしくはソバージュか。


セーラー
これ中高生の制服っぽ過ぎやしないか(右ページ)



気になったページ。
当時は大人がこんな制服っぽいのも普通にあり?

確かに当時、セーラーとかマリンっぽいのは流行ってて
小学生もマリンルックやセーラーを着てる子が多かった・・・というか自分もこの頃やたらパイナップル柄のセーラー服を着てたっけ。
パイナップル柄のセーラーを。パイナップル柄の・・・


こんな大人いたいた!
あーこんな大人よく居た居た




右ページのは普通に今欲しい
右ページのは普通に今欲しい。




だんだん見てるうちにありかと思えてきた。
いや、今着てても結構普通じゃないかなぁ・・・?こういうの。

最近また80年代っぽい格好になってきてるし、
あと数年したら一周まわってまた世の中の女子達がこんな感じになるんじゃないか・・・・


という訳で、この本を見つつ売ってなさそうで作って面白そうな服はどれだ?と考えてみる。



ふつうにアリかも
見てるうちに「ちょっとフォーマル時に全然アリかも」という気に。


縫いトレ日記
2009.09.24 Thursday
創作はしてるのに全然書いてなかったから書いとこ。ふつうの洋裁習い日記。縫いトレーニング日記。


6月から親戚宅に洋裁習いに月1〜2回程行き始めた。


唐突だが洋裁はあまり好きではない。結構苦手だ。


なんか「英語全くダメでも無理矢理海外に住めばそのうち喋れるようになるだろ」みたいな

「泳げない子供を無理矢理無人島に放置して、魚を取って暮らさないと死ぬぞという状況を作り出せば1年後にはまぁある程度は泳げるようになってるだろ」みたいな



そんな理由で習う事にしてみた。





多分編み物をよくやる人と洋裁(というか縫い物)をよくやる人って結構「どっちかだけ」って人が多いような気がしてて、
少なくとも自分の周りには両方とも満遍なく得意な人が居ない。(いや、まぁ居るんだろうけどきっと。)


なので、個人的には「編み物(かぎ編み)は好きだけど、縫い物は苦手」だ。




洋裁に関しては、脳内でどういうのが作りたい!!という妄想をするのは好きだが
「型紙通りに切ったり縫ったりというのが好きではない」から今まで手を出そうとしなかった、という感じ。
ミシンもなんか面倒くさいし。糸通すのとか。



まぁミシンも1度覚えてしまえばなんか食事をするみたいな手軽な感じになるだろう!と、

型紙を元に作ったりするのも、習う事にしてしまって無理矢理でも作るようにしてしまえばそこそこ短時間で出来るようになって、作るという行為の敷居が下がるだろう!と、

慣れればきっと「ちょっと夕飯食べるみたいな手軽な感じ」になるだろう!と思ってやってみることに。


元々は高校生の頃に編み物と縫い物を始めたが
そもそもは「自分の欲しいものが売ってないから作るしかない」という何が何やらな理由で始めた。
編み物の方がとっつき易くて編み物が残った。


そもそも「売ってないものを作る」事が目的だったので、「売ってるっぽいもの」を作るのが基本的にあまり好きではないのだ。
なぜなら店に行けばあるから。
金を出せば買える・・・・ 金に物を言わせれば・・・・

(編み物は帽子ぐらいなら2〜3時間で作れるようになってて作る敷居が低いので、売ってそうなものでも躊躇なく作り始めれるが、
縫い物は数日かがりなので、作るのがだんだん億劫になるというか。)



なので洋裁を始めてみたはいいが、そろそろ「ふつうの服」に飽きた。
秋冬のジャケットとかそういうのを作るってのに全く興味が沸かんw
だってホラ、店に売ってるし。ジャケットとか。



6月から今までは型紙を作ってもらったり、作りたい物のパターンブックを持っていって、それに沿って作ってたが

ようやく型紙づくりをしてみる事に!!とりあえず原型作りとか。




そこで最近覚えた言葉が『ドレメ式』と『文化式』!
今まで何の知識もなかった。ドレメとか文化とかかこみとかドレメとかなんとか何も知らん。なんだドレメとか。

習ってる人がドレメ式の人なので、「文化はわからん」って事で自動的にドレメ式をやってみる事に。
(この前洋裁の基礎本の文化のやつ買いかけてたけど、相談してからにしよう!とやめといてよかったー)


本もドレメ式の原型を元に作れるスタイルブックの古いのを貰えた。
この本の図みたいに厳密じゃなくてもっと簡単な感じに教わってる。


ドレメ原型!
パッと見、昔の通信教育の広告みたいな。





ちなみに1990年初夏号!20年ぐらい前の本!(・・・それより90年が20年前って・・・・)


バブルすぎ
なんか敢えて今こういうバブリーなのを作ってみようかなぁ







なんだこれ
なんだこの服。すげえ・・・





という訳で、次回はこの本について書こう!バブルへGO!


麦わらっぽい帽子
2009.08.16 Sunday
作成時期:2009年8月
材料:[帽子本体]ハマナカ エコ アンタリヤ(レーヨン100%)2.5玉
[帽子の縁]テディベア用芯材 テクノロート


麦わら帽子っぽいものが欲しくて作ってみた。
主な目的は日焼け防止。

麦わらっぽい帽
とにかくつば広めのが欲しかったが・・・




広すぎやしないか・・・。つば。
農作業でもする気か。


麦わらっぽい帽
視界が悪すぎる。

麦わらっぽい帽
まぁ縁にワイヤーっぽいものを入れたお陰で
ある程度は調整可能。



つばを広く広く・・・・と思っていたら、2.5玉分を消費してたが、
多分ふつうの帽子なら2玉あれば充分出来ると思う。

帽子本体は調整しつつ適当に。
縁の部分はワイヤーっぽいものを編み込んでいった。
通気性もなかなか良い・・・と思う。

アラレ帽
きったぞきたぞアラレ帽!

いきなりだが帽子繋がりでコレ。全く使ってない帽子・・・。

以前、ついカッとなって買った。別に後悔はしていない。
けど、使う機会がなかなかないので、誰か使いたい人居れば貸しますよ。(※知人限定)

なべしきがあらわれた!
2009.07.10 Friday
作成時期:2009年6月末
材料:残り毛糸寄せ集め
作成時間:わりとすぐ
作成動機:他に良い土産が思いつかなかった


ドラクエ好きの友人への土産として作ってみた。

なべしき
なべしきがあらわれた!!




何故鍋敷きにしたかと言うと、例えば手編みのポーチとか帽子とかを貰っても好みに合わなかったらきっと使わないだろう。と思うので、

1番あって困らず、どんな柄でもとりあえずあればいつかきっと使って貰えるであろうもの・・・と言えば鍋敷きかな、と思う。


なので、鍋敷きにでもしてくれと渡したが、「勿体なくて使えない」と言われた・・・。
って、そんな事言わずに鍋でもやかんでも置いて
その熱でスライムを倒すぐらいな気持ちで使って欲しい。
(どうでもいいが、1番右のが裏返した状態↓)

なべしき
チャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッ♪



なべしき
冷蔵庫にかけてみた。

このテのキャラ物は色々作ってみたいと思いつつ、
編めばすぐなんだけど、ドット絵づくりがなかなか面倒で・・・という感じでなかなか進まない・・・。
人が作った既存のドット絵を使うのも良いけど、個人的に編みたい絵はいくつかある。

・・・けど、ドット絵にちゃんとなってくれるかどーだか。